いろどり。

毎日にちょっとした彩りと刺激を。メーカー人事職として働く20代後半OLが、日々の暮らしに役立つちょっとした知識と、夫や友人と繰り広げるおもしろ日常を書いていきます。

MENU

会社でもハンコ文化をなくしたい


f:id:RumA:20200930211016j:image

 

今政府がハンコ削減のために動いていますね!

 

なんでも行政で押印が必要な書類は1万1,049種類もあるんだとか。。。

 

今回はこの"ハンコ文化"についてお話しようと思います。

 

 

まだまだなくならない押印作業

 

私が勤めている企業も100年以上の歴史のせいか、まだまだ押印作業が多いです。

 

最近更に押印が必要な手続きが増え、世間と逆行しているなぁと思わずため息😓

 

新入社員に出してもらう書類も、とにかく印鑑が必要な書類が多いです。

 

これは会社手続きというより、金融機関向けの書類が主ですね。

 

新入社員が押すとにじんだりかすれることが多く、二度手間になるということで、今年6月、新入社員が入社してきたときは、数十人分の印鑑を我々担当者が押印しました。

 

甘やかしでしかないのですが…😂

 

人の書類ということで、かなり気を遣うので、すんごい疲れました。笑

 

 

もしもハンコがなくなったら

 

押印作業がいらない、もしくは電子印でokとかになればこんな良いことがありそうです。※私の想像です。

 

・上司がどこにいても承認を貰える

・押し間違いがない

・デスクや他の書類を汚すことがない

・朱肉のインク補充がいらない

・銀行の待ち時間が減る

・チェックする時間が減る

・書類が大量の場合押印したあと乾かすスペースがいらなくなる

 

なんだか相当楽になる気がします!

 

逆にデメリットはというと、

 

・電子印を流用される可能性がある

・電子印の場合、対象は電子データのみとなる

・押印が要らなくなった場合、書類の信用度が落ちる可能性がある 

・印鑑業界が売れなくなる

・これまでの書類のフォーマットを全て改版する必要がある

 

結構めんどくさそうではありますね。。。

 

 

変化を恐れない

 

何かを変えようと思うと、当然パワーがいります。

 

最初だけなのでしょうが、時間もかかるでしょうし、手間もかかります。

 

それをわかった上で、今回改革に踏み切った政府の動きについて、私は素晴らしいことだと思います。

 

もちろん実際に手を動かす方はかなり大変なのですが…。

 

でも誰かがそうやって指揮をとらないと、みんな面倒くさいので変わらないですよね💦

 

このままあらゆる手続きから押印が不要になって、押印するだけの上司も不要になればいいなと思います!笑

 

今日は短いですが残業で帰りが遅くなったのでこれでおわり。