いろどり。

毎日にちょっとした彩りと刺激を。メーカー人事職として働く20代後半OLが、日々の暮らしに役立つちょっとした知識と、夫や友人と繰り広げるおもしろ日常を書いていきます。

MENU

台風で断水したあの日を振り返ってみる

f:id:RumA:20200902200201p:plain

 

高校3年生まで住んでいた私の地元は、夏になると、割と台風が直撃する地域でした。

 

今回、台風9号がすでに沖縄上陸、更に追い打ちをかけるように、台風10号が日本列島に近づきつつありますが、思い出すのは、私が1度だけ体験した、台風によって我が家から水が消えた日のこと。

 

今回の台風の備えにもなるかもしれないので、振り返ってみようと思います。

 

とにかく困ったのはトイレ

 

水が大事なんて、日頃から嫌というほど知っていたつもりでしたが、いざ使えないとなると、想像以上に困り果てました。

 

1番困ったのはトイレ。

 

我が家は家族5人。全員が思いのままトイレを使うと、あっという間にタンクの水が減っていきます。

 

一応事前に母が浴槽に水を貯めていたので、しばらくは浴槽から洗面器で水をくみ、せっせとトイレタンクに運んでいました。

 

ただ、トイレで1度に流れる水の量って、思ったより多いんですよね。

 

軽く調べたところ、小レバーでも6リットル、大レバーになると、なんと8リットルもの水が流れるのだそう!!

 

仮に浴槽に200リットルの水があったとしても、小レバーでも30回ぐらいで使い切ってしまう計算です。

 

ということは、5人で割ったら1人1日6回しか行けないのです。

 

我が家の場合、他のことにも使っていたのかどうか忘れましたが、断水1日目で浴槽の水がかなり減ってしまっていました。

 

トイレに行きたくても、極力我慢しなきゃという思いで、全員ギリギリまで耐えしのぶ。

 

もうこれが本当にしんどかったのを覚えています。

 

おなか痛くなったらどうしよう・・・と、かなり冷や汗かいていました。笑

 

幸い、2日目には水が復活したので、究極のストレスを抱えたのは1日だけでしたが、これが何日も続いていたらと思うと、かなりぞっとします。

 

お風呂もやっぱり入れないとツラい!

 

あとはやっぱりお風呂に入れないのが嫌でした。

 

いつもは面倒くさーいなんて言って母を困らせていたお風呂が、入れないとなると急に恋しい!!

 

たまたま家に、全身水拭きシートみたいなのがあったので、それでごしごししたら、何もしないよりかは少しさっぱりしたのを覚えています。

 

ちなみになぜ全身水拭きシートがあったかというと・・・

 

小学生の頃、私がタイヤ飛びの最中に腕を骨折し、一時的に頭からシャワーを浴びれなかったときがあり、そのとき、そのシートで拭き拭きしていたときの名残です。

 

これが本当のケガの功名。笑

 

断水の恐れがある地域の方は、1つでもあると便利だと思います。

 

 

その他あったらいいなと思うもの

 

やはり飲み水は必須なので、ペットボトルで何本か持っておくと安心だと思います。

 

首相官邸のサイトによると、飲料水は3日分(1日1人3リットルが目安)と書いてあります。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

 

正直3リットルもいつも飲んではいませんが、歯磨きのとき、浴槽の水で口をゆすぎたくないという人は、飲み水でゆすぐしかないですしね。

 

とにかくあるに越したことはないです^^

 

水以外にも、

 

・食料品(電気や水を必要としないもの)

・携帯充電器

・懐中電灯(携帯のライトが使えれば大丈夫かも)

・ウエットティッシュ

・常備薬

 

あたりは準備しておきたいところです。

 

他にも、ケガをする人が出ないよう、ベランダに置いてあるものは家の中に入れる、窓ガラス等の補強、側溝や排水溝の掃除(水はけがよくなる)などなど、できることはやっておきましょう!

 

今日TVの人も言っていましたが、地震などと違い、台風は来ることがわかっていて、それに対して十分備えることのできる災害です。

 

私も、台風9号はともかく、10号についてはしっかり備えておこうと思います。

 

願わくは、台風がそれてくれますように。。。