いろどり。

毎日にちょっとした彩りと刺激を。メーカー人事職として働く20代後半OLが、日々の暮らしに役立つちょっとした知識と、夫や友人と繰り広げるおもしろ日常を書いていきます。

MENU

【第3の習慣】美文字で美習慣を目指す!②

 


f:id:RumA:20200805153002j:image

こんばんは!RumAです♪

今日も本当に暑かったですね・・・出張で大分の方に行っていたのですが、炎天下の中リュック背負って手提げ2つで汗だくだくでした。太陽の下を颯爽と歩くかっこいーOL!になれるのはいつの日になることやら。。。

 

さて、前回は、私が第3の習慣ということで始めた"美文字で美習慣"についてさくっと書かせていただきました。

 

ruma.hatenablog.jp

 今回は、その第3の習慣を通じて得た"美文字のちょっとしたコツ-漢字編-"をご紹介したいと思います!(今回は楷書のみご紹介します。)

 

美文字のコツその① 漢字は部首ごとに綺麗な形を覚えるべし!

そもそも漢字っていくつあるんだろう・・・小学生のときに習う漢字だけでも1,000字を少し上回るぐらいのようですが、調べてみたら、なんとわからないそうで!一説によると10万字を超えるとか。。。すごいですね。

 

でもご安心ください。綺麗な漢字を書こうと思ったときに、すべての漢字のお手本を学ばずとも、よく出てくる"部首"のお手本をしっかり押さえておけば、極端な話、書いたことのない漢字を書く羽目になったとしても、部首さえ同じであれば、綺麗に書くことができるはずです。

私が、へぇ~そうだったんだ!(某TV番組みたいですね)と思ったいくつかの例をご紹介したいと思います。

 

「夕」

"外"とか"夢"とかに出てくるこの部首。「夕部(せきぶ)」と言います。

これ、1画目の左払いと2画目の左払いの向きが微妙に異なっているの、わかりますか?

同じ向きだと楽なのですが、この方向の違いが美文字を生み出します。ぜひ意識してみてください。

 

"彩"とか"彰"とかに使われる「さんづくり(かみかざり)」、これも「夕」と同じく方向性を変えてください。3つの線すべてを変えるの、意外と難しいです。

 

「日」「月」

そのまんまですが、「ひへん」「つきへん」ですね。

これは知らなかったというか意識しないとなと思ったのは、横線で囲まれている隙間を等間隔にすること。雑に書くと、ついつい乱れちゃうんですよね。

さらに、ちょっとかっこよく書こうと思ったら、中の横線はぴったり縦線にくっつけず、少し間をあけると良いです。

f:id:RumA:20200804210056j:plain

こんな感じです。

 

「魚」

部首編の最後は「うおへん」です!

私、これまでずっとこの上の「ク」みたいな部分、まんま「ク」って書いていたんですけど、なんと1画目の方が長いんです!

f:id:RumA:20200804212412j:plain

 

・・・あれ、もしやこれ知らなかったの私だけですかね?

もし私と同じで「ク」って書いている方がいらっしゃれば、長さを変えてみてください!ちょっとバランスが整います。笑

 

美文字のコツその② 中心と対称をとらえよ!

なぁんだそんなことか~と思ったそこのあなた!

中心と対称、なめちゃあいけません!ほんと、これ意識するだけで格段に文字のバランスが整います。

f:id:RumA:20200804213322j:plain

すみません、下のもそこまで綺麗ではありませんが・・・それでも全然見栄えが違うと思いませんか?

 

漢字の練習をしていて思ったことなんですが、これ中心どこやねん!っていう漢字ってそこまで多くないと思うんですよね。なんとなーくぼんやりここが真ん中だなってわかります。部首の間とか、わかりやすいのは「土」とか「幸せ」とか真ん中に縦線があるやつですね。基本はそれに沿って部首や縦線を配置して、あとは左右の対象を考えれば良いわけです。

 

美文字のコツ③  なんだかんだ基本は正しい筆順!

小学生のときに、漢字ドリルで書き順習いましたよね。私は母親から書き順だけは守れと言われて育ったので、比較的守れている方だと思います。ただ、大人になってから周りを見渡してみると、書き順が違う人の多いこと多いこと・・・!

 

別に書ければなんだっていいじゃんという声が聞こえてきそうですが、書き順だって無意味に存在しているわけではありません。書写能率の点から重要かつ意味ありってことで、定められているのです。これまで書いたコツ①②は、この書き順を守ってこそ真の力を発揮すると思ってください。

 

さて、これから書く漢字、皆さんは正しい書き順をご存じでしょうか。

 

①「田」

②「通」

③「進」

④「衆」

⑤「収」

 

ちなみに先ほどこれまで書き順は守ってきたと豪語した私ですが、⑤は間違っていました・・・。正解まで書きたかったのですが、ちょっと時間かかりそうなので、次回に回したいと思います!すみません!

 

字にお悩みの方にとって、この記事がほんの少しでもお役に立つことを祈ります。